記事一覧

夏休み

2012.08.26(22:33)

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpgファイル 11-3.jpgファイル 11-4.jpgファイル 11-5.jpg

8月も終盤…。

8月21日 小学校の登校日の朝。
我が家の豆だんなさん達は、
終わらない宿題を 猛烈にこなし…、
久々の学校へ。

帰ってきたら、またしても終わらない宿題の続きをこなす。
だって、終わらなかったら大阪へ行けないんだもん。

8月22日に 日付けが変わったら
お父さんの実家、大阪へ出発~♪

お土産の野菜 積み込んだ?
みんなの着替え 積み込んだ?
朝食のおむすび 積み込んだ?
豆たち(息子たち)の自学ノート 積み込んだ?
「眠眠打破」とETCカードもセット OK!
おっと 虫取り網をわすれるところだったぜぃ。

家族やご近所の協力の下、たくさんの野菜を積んで
一路 大阪へ…、パパのアクセルの踏み込が快調だこと!
この人、正直で好きだわぁ…(^0^)~♡

弟に聞いていた 走りやすい…という「新東名(高速道路)」を
利用する。
なるほど 走りやすいわ。SAも快適で、ありがたい。

午前9時半
予定より かなり早く名古屋辺りにたどりついたので、
パパが 「どこか 寄り道していこう…」 
四日市で高速を降りて…『一升瓶』にでも連れて行ってくれる?
 (※松阪が本拠地の美味しい焼き肉屋さんです。)
鈴鹿の峠を越えるらしい…、はたして どこに向かっているの?
聞いても教えない。

山はいいね~♪
千葉には こんなに高くて深みのある山が少ないから
濃い…薄い…みどり織りなす山々に囲まれると
ホッと心が柔らかく和んで、広やかな視点での思慮に誘われる。

「こんな景色を眺めて暮らせたら、
 腹を立てることも 少ねぇだろうなぁ…」って羨望を感じつつ

今 山を鏡に「自分」と対峙できる状況に感謝したわい。
こうして子どもたちと山の風景を満喫できて 
 「あぁ 幸せ…パパ ありがとう。」

そうこうしているうちに トイレもない山道で
尿意もよおす 豆さん(>×<)””
そんなら「山の神様 ごめんなさ~い」って
かわいいおチンチンを御披露したよ。

そしたら おもわぬご褒美が…。

すぐそばの登山道入り口に 渓流が流れていて
私達は もう一度広い路肩に車を止めて
さっそく川遊び~♪

あーーーーッ なんて気持ちいいんでしょう!
水は ピッキンピッキンに冷たくて…
どこまでも透明で、大きな岩肌の優しい手触り。

親子で夢中で遊びました。
川トンボや小さな魚を見つけて、大興奮しながら
いちいち教えにきてくれる子どもの顔は、
どんな精巧なアミューズメントパークを訪ねても見られないだろう、
魂の震えるような感動を
味わっていることを確信させてくれた。

優しく冷やしてくれるその水の冷たさと
あふれているのにけっして騒々しくない 
せせらぎの音ととセミの合唱。

天然石の丸みに はだしの足が馴染んで、
ヒョイッ ヒョイッと大岩を渡る。
その足の裏の感触とバランスの絶妙を
豆さんたちよ、忘れないでおくれ…。

人が作った感動では得られないような
大自然の愛情を 丸ごと受け止めて
心と身体の隅々までいきわたらせたかい。

あぁ 私達もこの自然の一部なんだ、
恐れ多くも ありがたい…。
この惜しみなく与えられる恵みの豊かさ。
はしゃぎまわる豆さんとお父さんを見ながら
自然=慈愛…なのだと改めて実感し、
私の心も感動に震えていた。

翡翠のように澄んだ川の深みに 大岩を蹴って
身を投じ、水の集まる岩場を滑り台に見立てて
滑り落ちる豆さんたち。
子どもは 遊びの天才だ!

今回の旅は 幸先がいいね。
家から持参した弁当の残りを昼食にして
川の水を飲みながら 
「安く あがった…♡」

…続く。

コメント一覧

きのこ 2012年08月31日(金)23時53分 編集・削除

こんばんは。夏休み日記、楽しく読ませて頂きました。ヤアヤア!すごい!豆だんなサン達、逞し〜〜く育っていますね。歓声が聞こえてきそうです。ご褒美イイナ、私もこんな山の渓流で遊びたあい。それにしても二人とも、お父さんにどんどん似てきましたね。やよいちゃんの文章も大好きです。ではでは、日記の続き、楽しみにしていま〜す。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー